ストーリー

学校になじめず、自分は誰からも必要とされていないと思いこむ少年健太。
彼を励まそうと家族でハイキングに出かけるが、健太は妹が拾った不思議な実を食べて小さくなってしまう。
昆虫たちの世界に迷い込んだ健太は、蜂やハエ、蜘蛛や蚊でさえもこの世からいなくなれば、生態系が変わって人間にも大きな影響を及ぼしてしまうということをカマキリから聞かされる。
ミクロの旅や冒険を通して、健太は一体何を学ぶのだろうか…。

上演にあたって

 SNS、メールなどインターネットでの交流が多くなっている時代。顔のないやり取りは、些細な言葉のニュアンスで傷ついたり、誤解が生じたりしてしまうこともあります。
子どもたちの間ではそこからいじめに発展したりすることも。他者の存在を尊重し、自分を卑下したり心を閉ざすことなく、自分も他人も大切な存在として感じてほしい。
“この世にいなくていいものなんかない”そんなテーマを掲げてこの作品を作りました。人間と虫との交流という奇想天外な話を背景に、とびっきり楽しい舞台をお楽しみください。

スタッフ

原案:だんいっせい「笹舟アルカディア号発進!」脚本・演出:谷藤太
作曲:盛田裕之美術:ガランアート企画
衣装デザイン:摩耶制作:劇団トマト座